TOP > 取扱い業務 > 労働問題 > 賃金不払い(残業代不払い)のご相談

賃金不払い(残業代不払い)のご相談ちんぎんふばらい(ざんぎょうだいふばらい)のごそうだん

横浜綜合法律事務所では、労働者(従業員)側のご相談も、使用者(事業主)側のご相談も、いずれも受け付けております。お気軽にご相談下さい。

お早めのご相談を

/ 従業員の方へ /

賃金不払い(残業代不払い)が生じた場合に、特に重要なことは、賃金(残業代)算定の裏付けとなる資料(給与明細や給与規定等のほか、特に、残業代不払いの場合には、労働時間の実績を明らかにできるタイムカードや業務記録等)を確保しておくことです。
賃金不払い(残業代不払い)が生じた場合に、労使間の交渉や労働基準監督署の利用では解決に至らないときには、裁判手続の利用を考える必要があります。
賃金不払い(残業代不払い)の問題が生じたら、できる限りお早めに、弁護士に一度相談されることをお勧めします。

/ 事業主・使用者の方へ /

賃金不払いについて労働基準監督署に労働者からの申告があると、使用者は、労働基準監督署から調査を受けることとなり、また、賃金支払いを勧告されることとなります。
また、賃金不払いは、労働基準法違反であり、違反が悪質なものについては、実際に刑事罰が課されることもあります。
賃金不払い(残業代不払い)の問題が生じたら、できる限りお早めに、弁護士に一度相談されることをお勧めします。

横浜綜合法律事務所では、弁護士による無料の法律相談を実施しております。お悩みの方はお気軽にご相談下さい。ご依頼を前提としないご相談のみの方でも親身にご相談に応じます。労働問題について少しでも不安や悩みを抱えている方は、是非、一度、ご相談下さい。

横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る