TOP > 取扱い業務 > 不動産・借地借家 > 欠陥建築/欠陥住宅 > よくあるご相談(Q&A)

よくあるご相談(Q&A)よくあるごそうだん

完成した建物に瑕疵がある場合、請負人が修理や損害賠償をしてくれるまで請負代金を支払わなくてもよいですか?

瑕疵がある場合には、瑕疵の程度や契約当事者の交渉態度などに鑑みて信義則に反すると認められるときを除いて、請負人から修理または損害の賠償を受けるまでは、報酬全額の支払いを拒むことができるとされています(最高裁平成9年2月14日判決)。

請負人が途中まで工事をしたのですが、その後工事をしてくれません。請負契約を解除したいのですが、何か問題はありますか?

請負人の都合で工事が中断しているような場合には、催告の上、債務不履行を理由として請負契約を解除できると思われます。ただ、目的物が可分で当事者が既施工部分の給付につき利益を有する場合には、特段の事情がない限り既施工部分の契約の解除をすることはできないものとされています(最高裁昭和56年2月17日判決)。

欠陥建築について、解決手段としてはどのような手段がありますか?

民事調停手続、訴訟手続、住宅紛争審査会におけるあっせん、調停、仲裁、建築紛争審査会におけるあっせん、調停、仲裁などの制度が用意されていますので、具体的な状況に応じてどの手続を選択するか決めるようにしましょう。

横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る