TOP > 取扱い業務 > 不動産・借地借家 > 共有物分割

共有物分割きょうゆうぶつぶんかつ

共有名義の不動産について、何らかの事情で共有状態を解消(共有物分割)したい場合、どのような手段があるのでしょうか。
共有物の分割の方法としては、まず、共有者間の協議による分割が考えられます。
具体的な分割方法としては

  1. 現物を分ける方法(現物分割)
  2. 共有物を売却して売却代金を分ける方法(換価分割)
  3. 共有者の1人が単独所有することとし、その他の共有者に対して共有持分相当額の金銭を支払う方法(全面的価格賠償。現物で分割した上で、過不足について調整する部分的価格賠償もあります)

などがあります。

共有者間で協議が調わない場合には、共有物の分割を裁判所に請求することができます。
裁判での共有物分割の方法は、原則として①の現物分割とされており、例外的に②の換価分割の方法によるものとされています。③の価格賠償については、法律上の定めはありませんが、共有物の性質等の事情を総合的に考慮し、また、価格が適正に評価され、取得者に支払能力があるなどの特段の事情が存するときには、裁判においても認められる場合もあります。

横浜綜合法律事務所では、弁護士による無料の法律相談を実施しております。お悩みの方はお気軽にご相談下さい。

横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る