TOP > 取扱い業務 > 不動産・借地借家 > 不動産売買 > 仲介業者とのトラブル

仲介業者とのトラブルちゅうかいぎょうしゃとのとらぶる

不動産売買の場合、宅地建物取引業者が売買の仲介を行うことが一般的です。
宅地建物取引業者は、重要事項説明義務(宅建業法35条参照)を中核とする信義誠実を旨とする業務上の注意義務を負っており、この義務は直接契約関係にない第三者に対しても負うものと考えられています。
よって、宅地建物取引業者に注意義務違反が認められる場合、契約関係にある場合には、債務不履行責任ないし不法行為責任を、契約関係にない場合には、不法行為責任を問うことができることになります。

横浜綜合法律事務所では、弁護士による無料の法律相談を実施しております。お悩みの方はお気軽にご相談下さい。

横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る