TOP > 取扱い業務 > 不動産・借地借家 > 不動産競売

不動産競売ふどうさんけいばい

金銭債権を回収する方法として、不動産を競売して回収する方法がありますが、不動産競売には担保不動産競売と強制競売の2つの方法があります。

強制競売については、債権回収・各種強制執行手続の頁で解説していますので、そちらをご参照下さい。
担保不動産競売は、債権者が債務者に対し、金銭債権を有しており、その債権を担保する抵当権(根抵当権)が債務者若しくは物上保証人の不動産に設定されている場合に、利用することができます。
強制競売については、金銭債権に関する判決等の債務名義が必要となりますが、担保不動産競売の場合には、債務名義なしに不動産の競売手続を申立てることができます。
具体的な競売手続は、強制競売と同様です。
また、民事執行法には、強制管理と同様の担保不動産収益執行という手続も規定されています。

横浜綜合法律事務所では、弁護士による無料の法律相談を実施しております。お悩みの方はお気軽にご相談下さい。

横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る