TOP > 研究会・セミナー > 第38回 事務所研究会
横浜綜合法律事務所 研究会・セミナー
発表テーマ

弁護士:渡辺 翔太

2015.07.11

筆界特定制度の運用について

発表概要
  1. 筆界特定制度とは何か
  2. 筆界特定の契機の例
    1. 土地の売却
    2. 筆界付近の塀の老朽化
  3. 筆界特定手続の流れ
    1. 筆界特定の申請
    2. 公告と関係人への通知
    3. 筆界調査委員の指定及び調査
    4. 筆界の特定
    5. 筆界特定後の措置
  4. 筆界特定申請の準備
    1. 筆界確認資料の収集ア 法務局備付けの図面
      イ 他の官公署や民間が作成した資料
      ウ 占有状況に関する資料
    2. 筆界特定申請書の作成ア 対象土地及び対象土地に係る所有権登記名義人等の表示
      イ 関係土地及び関係土地に係る所有権登記名義人等の表示
      ウ 筆界特定を必要とする理由
      エ 対象土地及び関係土地の状況
      オ 申請人が筆界として主張する線及びその根拠
      カ 関係人の主
      キ 筆界特定訴訟の有無
  5. 筆界特定制度の利用例の紹介
  6. 筆界特定制度の有用性
横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る