TOP > 研究会・セミナー > 第37回 事務所研究会
横浜綜合法律事務所 研究会・セミナー
発表テーマ

弁護士:松原 範之

2015.02.14

スキー場における安全管理の在り方について

発表概要

スキーやスノーボードなどのスノースポーツは、山の自然の地勢を利用したスポーツであり、滑走面・場所の状況、滑走する者の技術技量、気象条件等に応じて、様々な危険が内在するスポーツである。
近年では、バックカントリーなど人の手が入っていない自然の中での滑りが注目を集めるなど、滑走者の指向もより多様化していることが指摘されている。
このようなスノースポーツについて、内在する危険に備えて、主にゲレンデ管理者の側からの、注意点や対策について発表した。

  1. はじめに
  2. スキー場における事故原因について
  3. スキー場管理者の安全管理が問題になる場面について
    1. 総論
    2. スノースポーツ安全基準
    3. 対物衝突が原因の事故
    4. 転落等が原因の事故
    5. 雪崩が原因の事故
  4. コース外(スキー場管理区域外)滑走に対する安全管理の在り方について
    1. 総論
    2. 個性的な取り組み
    3. スキー場安全条例
  5. 終わりに
横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る