TOP > 研究会・セミナー > 第35回 事務所研究会
横浜綜合法律事務所 研究会・セミナー
発表テーマ

弁護士:吉田 進一

2014.02.22

インターネット社会に特有な法律実務に有益と思われる2、3の知識

発表概要

東京地方裁判所において民事保全事件を担当している民事第9部によれば、仮の地位を定める仮処分の半数以上をインターネット関係仮処分(発信者情報の開示、投稿記事の削除及び発信者情報の消去禁止の仮処分)が占めているということであり、また、いわゆるパソコン遠隔操作事件のように、発信者の特定が捜査上ないし刑罰権の存否を決定するうえで極めて重要となる刑事事件に関する報道をよく目にする昨今の状況を踏まえ、インターネット社会に特有な法律実務に有益と思われるいくつかの知見、プロキシサーバに関するものなど、の提供を試みた。

横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る