相続税そうぞくぜい

相続税は、相続または遺贈(死因贈与を含みます。)によって財産を取得したとき、その財産を取得した人が支払う税金です。

具体的には、取得した財産および相続時精算課税の適用を受けて贈与により取得した財産の価額の合計額(債務や葬式費用などの金額を控除し、相続開始前3年以内の贈与財産の価額を加算します)が基礎控除額を超える場合に、その超える部分(課税遺産総額)に対して課税されます。
基礎控除額は、5000万円+1000万円×法定相続人の数(平成27年1月1日以後の相続については、3000万円+600万円×法定相続人の数に変更となります。)です。
相続税の納税義務者は財産を相続した相続人です。各相続人の相続税は、取得した財産の課税価格に応じて割り振って、財産を取得した人ごとの税額を計算します。
相続税が発生する場合、相続税の申告及び納税が必要となり、その期限は、被相続人の死亡したことを知った日の翌日から10か月以内となります。

横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る