TOP > 取扱い業務 > 遺言・相続 > 相続について > 相続の放棄

相続の放棄そうぞくのほうき

相続が開始した場合、相続人が被相続人(亡くなった人)の権利や義務を一切受け継がないことを選択することができます。これを相続放棄といいます(民法915条、同938条)。
限定承認をする場合には、相続の開始があったことを知った時から3か月以内(熟慮期間)に、限定承認をする旨申述を家庭裁判所にしなければなりませんが、限定承認と異なり相続人全員が共同して行う必要はありません。
家庭裁判所は、申立により3か月の熟慮期間を伸長することができます。

横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る