TOP > 取扱い業務 > 遺言・相続 > 弁護士費用

弁護士費用べんごしひよう

遺言書作成

定型

10万円以上20万円以下 (税別)

非定型

基本

300万円以下の場合
20万円 (税別)

300万円を超え3,000万円以下の場合
1% + 17万円 (税別)

3,000万円を超え3億円以下の場合
0.3% + 38万円 (税別)

3億円を超える場合
0.1% + 98万円 (税別)

特に複雑又は特殊な事情がある場合

弁護士と依頼者との協議により定める額

公正証書にする場合

上記の手数料に3万円 (税別)を加算する。

遺言執行

基本

300万円以下の場合
30万円 (税別)

300万円を超え3,000万円以下の場合
2% + 24万円 (税別)

3,000万円を超え3億円以下の場合
1% + 54万円 (税別)

3億円を超える場合
0.5% + 204万円 (税別)

特に複雑又は特殊な事情がある場合

弁護士と受遺者との協議により定める額

遺言執行に裁判手続きを要する場合

遺言執行手数料とは別に、裁判手続きに要する弁護士報酬を請求することができる。

上記の遺言書作成、遺言執行の事案を除き、原則として、経済的利益の額を基準としてそれぞれ次表のとおり算定します。なお、事案の内容により30%の範囲内で増減額することがあります。

着手金

経済的利益の額

着手金

300万円以下の場合

8% (税別)

300万円を超え3,000万円以下の場合

5% + 9万円 (税別)

3,000万円を超え3億円以下の場合

3% + 69万円 (税別)

3億円を超える場合

2% + 369万円 (税別)

報酬金

経済的利益の額

報酬金

300万円以下の場合

16% (税別)

300万円を超え3,000万円以下の場合

10% + 18万円 (税別)

3,000万円を超え3億円以下の場合

6% + 138万円 (税別)

3億円を超える場合

4% + 738万円 (税別)

  • 着手金は10万円 (税別)を最低額とします。但し、経済的利益の額が125万円未満の事件の着手金は、事情により10万円以下に減額することができます。
  • 示談交渉・調停の着手金は、上記表より算定された額の3分の2に減額することができます。
  • 示談交渉から引き続き同一弁護士が調停を受任するときの着手金は、上記表より算定された額の2分の1とします。
  • 示談交渉・調停から引き続き同一弁護士が訴訟その他の事件を受任するときの着手金は、上記表により算定された額の2分の1とします。
  • 引き続き同一弁護士が上訴事件を受任するときは、着手金を適正妥当な範囲内で減額することができます。
  • 弁護士費用の詳細については、担当の弁護士にご相談下さい。
  • 当事務所の弁護士報酬規定はこちら。
横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る