TOP > 取扱い業務 > 遺言・相続 > 遺言について > 遺言執行者とは

遺言執行者とはいごんしっこうしゃとは

遺言執行者とは、遺言の内容を実現する者のことです。
遺言者は、遺言で遺言執行者を指定したり、その指定を第三者に委託することができます(民法1006条)。
遺言によって遺言を執行する人が指定されていないとき又は遺言執行者がなくなったときは、家庭裁判所は、申立てにより、遺言執行者を選任することができます(民法1010条)。

子の認知の届出や推定相続人を廃除・取消する場合には、遺言執行者の選任が必ず必要となります。それ以外の場合には、遺言執行者の選任は必ず必要というわけではないものの、相続人間の紛争を緩和するために選任をしておいた方がよい場合があります。

横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る