遺言とはいごんとは

遺言とは、自らが所有する財産をどのように処分するかについての遺言者の意思表示です。財産処分の自由を、死後においても反映させたものといえます。
遺言は、遺言者の死亡により効力を生じ、基本的にはその遺言によって死後の法律関係が定まります。
遺言が無いために、相続を巡り親族間で争いの起こることは少なくないといえます。遺言は、このような親族間での不紛争を防止するため、遺言者自らが、自分の残した財産の帰属を決め、相続を巡る争いを防止しようとすることに主たる目的があります。

横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る