TOP > 取扱い業務 > 個人の債務整理 > 弁護士費用

弁護士費用べんごしひよう

個人の債務整理(事業主を除く)

任意整理

着手金

2万円(税別) x 債権者数(ただし、最低着手金:5万円[税別])

成功報酬

1債権者について2万円(税別)に下記金額を加算した金額を上限とする。個々の債権者と和解が成立する都度、当該債権者に対する報酬金を請求することができる。

  1. 当該債権者主張の請求金額と和解金額との差額の10%相当額(税別)
  2. 交渉によって過払金の返還を受けたときは、当該債権者主張の請求金額の10%相当額と受領した過払金の20%相当額の合計額(税別)

破産

着手金

  1. 債務金額が1,000万円以下の場合、債権者数に応じて、次の金額とする(税別)。
    1. 10社以下 20万円以内
    2. 11社から15社まで 25万円以内
    3. 16社以上 30万円以内
  2. 債務金額が1,000万円を越える場合、債権者数にかかわらず、40万円以内(税別)。

成功報酬

免責決定が得られた場合にのみ、上記の着手金基準を上限として受領できる。

個人再生

着手金

  1. 住宅資金特別条項がない場合 30万円以内(税別)
  2. 住宅資金特別条項がある場合 40万円以内(税別)

報酬金

再生計画の認可決定が得られた場合にのみ、債権者数に応じて、次の金額とする(税別)。ただし、事案が複雑な場合には各10万円(税別)を限度として加算することができる。かっこ内は事案が複雑な場合の上限金額を示す。

  1. 10社以下 30万円以内(40万円以内)
  2. 11から20社まで 40万円以内(50万円以内)
  3. 21社以上 50万円以内(60万円以内)

ただし、月額報酬を受領した場合は、上記の報酬金額から受領済みの月額報酬を控除した残額のみを報酬金とする。

  • ただし、財産状況により、上記金額を増減させて頂く場合もあります。弁護士費用の詳細については、担当の弁護士にご相談下さい。
  • 当事務所の弁護士報酬規定はこちら。

個人事業主の債務整理

事件

着手金

成功報酬

任意整理

50万円(税別)~

弁護士報酬規定参照

破産

50万円(税別)~

弁護士報酬規定参照

再生

100万円(税別)~

弁護士報酬規定参照

  • ただし、事業規模等により、上記金額を増減させて頂く場合もあります。
  • 個人事業主であっても、零細事業であり、かつ、経営形態や規模等の事情からすれば、一般個人の負債整理事件として処理することが適切であるとみられる場合には、<個人の債務整理(事業主を除く)>に記載されている弁護士費用にて対応させて頂きます。
    弁護士費用の詳細については、担当の弁護士にご相談下さい。
  • 当事務所の弁護士報酬規定はこちら。
横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る