TOP > 取扱い業務 > 企業法務 > 事業譲渡、M&A等について > 法務デューデリジェンス

法務デューデリジェンスほうむでゅーでりじぇんす

M&A等の文脈におけるデューデリジェンスとは、その対象となる事業や企業等の品質を評価する作業ないしはその評価の前提となる調査活動だと理解していただけば良いかと思います。
そして、法務デューデリジェンスとは、対象事業や企業の品質を法律の視点から評価するもの、換言すれば、契約の際に前提としておくべき対象事業や企業に存在する法律上の問題点を摘示することです。具体的には、知的財産等無形のものを含む資産、負債、資本関係や、契約、人事・労務、コンプライアンスの状況などを調査し、契約に際して考慮すべき有意な法律上の問題点を明らかにすることです。

横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る