TOP > 取扱い業務 > 企業法務 > 不正競争防止法について

不正競争防止法についてふせいきょうそうぼうしほうについて

不正競争防止法は、事業者間の公正な競争を確保するために、差止請求権を認めたり、損害の額の推定規定を設けたりすることによって、不正競争の防止を図っています。

不正競争とは、不正競争防止法の第2条に定義規定が設けられていますが、要は、他者のブランド力にただ乗りしたり、他者の秘密を不正に利用ないし開示したりすることなどです。
「秘密」として不正競争防止法上保護を受けるためには、それが秘密として管理されていることが要件となるということが特に重要です(他に事業活動に有用であること及び公然と知られていないことという要件も必要になります)。
そして、秘密として管理されていると認定されるためには、①情報にアクセスできる者を特定・限定すること及び②その情報を秘密として取り扱っていることが客観的に認識できることが必要となります。
この要件を充足すること自体にコストを必要とするため、重要な情報を秘密として管理していない企業は多くみられますが、他者に利用ないし開示されてからでは間に合いません。企業法務全般に当てはまることではありますが、問題が生じる前に手当てしておくことこそが企業のコストを最小にするということは、極めて重要な原則です。

横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る