TOP > 取扱い業務 > 刑事事件 > 少年事件について > 少年審判について

少年審判についてしょうねんしんぱんについて

少年審判とは、家庭裁判所が少年の行った非行事実や少年の家庭環境等を審理して、少年を矯正するための適切な処分や措置を決定する手続をいいます。

少年審判には、処分をしないという「不処分」、「知事または児童相談所長への送致」、「保護処分」、「検察官送致」、があります。なお、事案が極めて軽微な場合や少年が行方不明である場合には、そもそも審判を開始せずに「審判不開始」となります。

平成18年のデータでは、少年審判を行わない「審判不開始」が1.0%、少年審判のうち「不処分」が5.7%、「知事または児童相談所長への送致」が0.9%、「保護処分」が90.2%、「検察官送致」が2.1%となっており、そのほとんどが「保護処分」となっています。

横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る