TOP > 取扱い業務 > 刑事事件 > 起訴・刑事裁判について

起訴・刑事裁判についてきそ・けいじさいばんについて

「起訴」とは、検察官が犯罪事実について裁判を求めることをいいます。検察官は、被疑者を取り調べた後、起訴するかどうかを判断します。検察官の起訴を受けて、「刑事裁判」が行われることになります。
また、起訴されると、被疑者から被告人へと呼び名が変わります。

刑事裁判においては、検察官は被告人の犯罪事実について主張・立証し、被告人と弁護人は被告人にとって有利な事情を主張・立証します。それらを踏まえて、裁判官が「有罪かどうか」、「どんな刑罰を科すか」を判断します。

横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る