TOP > 取扱い業務 > 刑事事件

刑事事件けいじじけん

知らないうちに事件に巻き込まれてしまったり、ご自身や身内が逮捕されたりしてしまうことはあり得ないことではありません。まったく身に覚えがないのに、警察に誤認逮捕されてしまうということもあるかもしれません。突然、そのような状況に置かれた場合、不安で堪らなくなるでしょう。

弁護士の重要な職務の一つに、「弁護人」として、被疑者(罪を犯したとして捜査されている人)・被告人(罪を犯したとして裁判を提起されている人)の弁護をすることがあります。

弁護士に依頼するのは“裁判になってから”と考えている方がいらっしゃるかもしれません。しかし、被疑者はいつでも弁護人を選任できます。ご自身が逮捕されそうだという場合や身内が逮捕されてしまったという場合は、不当な取調べを受けないようにするために、すぐに弁護士に相談することをお勧めします。

横浜綜合法律事務所では、弁護士による無料の法律相談を実施しております。お悩みの方はお気軽にご相談下さい。
ご依頼を前提としないご相談のみの方でも親身にご相談に応じます。刑事事件について少しでも不安や悩みを抱えている方は、是非、一度、ご相談下さい。

横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る