接見交通せっけんこうつう

接見交通とは、身柄拘束を受けている被疑者・被告人が弁護人または弁護人となろうとする者と立会人なくしていつでも接見し、または物の授受をすることをいいます。

警察署の留置場や拘置所で身体拘束を受けている被疑者・被告人は、犯罪の証拠を隠す疑いがあるなどの理由で、家族や友人などの外部の人間と面会することを禁じられることがあります。
外部との連絡ができない状況で、朝から晩までの取調べが連日続き、自白をするよう強く求められると、精神的・身体的にかなり疲労していることから、無実であるにもかかわらず、虚偽の自白をしてしまいかねません。
弁護人との接見交通では、立会人なくして安心して相談をすることができるため、精神的・身体的にかなり疲労している中で、心の拠り所と感じられることが多くあります。

横浜綜合法律事務所では、弁護士による無料の法律相談を実施しております。お悩みの方はお気軽にご相談下さい。
ご依頼を前提としないご相談のみの方でも親身にご相談に応じます。刑事事件について少しでも不安や悩みを抱えている方は、是非、一度、ご相談下さい。

横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る