TOP > 取扱い業務 > 交通事故 > 人損 > 後遺障害慰謝料

後遺障害慰謝料こういしょうがいいしゃりょう

交通事故により傷害を負い、更に、後遺障害が残存した場合、被害者が受けた精神的苦痛に対するてん補として慰謝料の賠償が認められています。治療が終了し後遺障害が残存したことに対する慰謝料を後遺障害慰謝料と呼んでいます。

後遺障害慰謝料については、一般的には、自賠責の後遺障害の等級を基礎として算定されます。後遺障害等級と後遺障害慰謝料は、基本的には比例関係にあり、後遺障害等級が重くなればなるほど、後遺障害慰謝料は高額となっていくのが通常です。

慰謝料を算定する基準としては、一般的に、裁判基準、任意保険会社基準、さらには、自賠責基準といったものがあります。
詳細は弁護士にご相談下さい。横浜綜合法律事務所では、随時、法律相談を受け付けています。

横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る