TOP > 取扱い業務 > 交通事故 > 人損

人損じんそん

人損の意義

交通事故による損害を大きく分けると、傷害又は死亡による人的損害と、車両損傷等による物的損害の2つに分けられます。人損と物損の区別は、損害を被侵害利益との面から分け、人の生命・身体に対する損害である「人損」と、動産・不動産等の物に対する損害である「物損」に分類するものです。

人損の分類

人的損害は、財産的損害と精神的損害(慰謝料)に分類されます。
このうち財産的損害は、積極損害と消極損害に分類されます。
積極損害とは、交通事故によって被害者が現実に支出等をさせられたことによる損害をいい、治療費、装具代、入院雑費、通院交通費、付添介護費などがあります。
消極損害とは、被害者が交通事故に遭わなければ得られたであろうと考えられる経済的利益をいい、休業損害、逸失利益等がこれに当たります。

横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る