TOP > 取扱い業務 > 交通事故 > 物損 > 買替差額

買替差額かいかえさがく

物理的または経済的全損となったり、車体の本質的構造部分が客観的に重大な損傷を受けて車両の買替をすることが社会通念上相当と認められる場合、事故時の時価相当額と、車両の売却代金との差額が、損害として認められます(最判昭49.4.15)。
物理的または経済的全損となった車両の売却代金は、通常はゼロ円ですから、結局、車両時価額がそのまま損害として認められることになります。
他方、物理的・経済的全損にはならないが、「買替をすることが社会通念上相当と認められる場合」というケースはあまり多くはありません。
詳細は弁護士にご相談下さい。横浜綜合法律事務所では、随時、法律相談を受け付けています。

横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る