婚姻の取消し・無効こんいんのとりけし・むこう

男女が一度婚姻をしてしまうと、原則として、離婚以外の方法で婚姻関係を解消する方法はありません。
但し、例外的に、下記のような事情があるときには、婚姻を取り消すことができるとされています。

  1. 婚姻適齢(男性18歳、女性16歳)でなかったとき。
  2. 重婚関係にあったとき。
  3. 再婚禁止期間(女性において6カ月)内の婚姻であったとき。
  4. 近親婚(直系又は3親等以内の血族間の婚姻)であったとき。
  5. 詐欺又は強迫により婚姻したとき。

上記のような婚姻をしてしまった場合は、家庭裁判所に婚姻の取消しを請求することができます(取消し請求ができる期間は事案によって異なります)。取り消された婚姻は、将来に向かってその効力を失います。
さらに、当事者間にそもそも婚姻の意志が無かったときは、婚姻は無効となり、裁判所に無効の確認を求めることができます。例えば、人違いだったような場合がこれにあたります。無効の場合は、取消しと異なり、最初から婚姻の効力が無かったことになります。

詳しくは、弁護士にご相談下さい。横浜綜合法律事務所では、随時、弁護士による無料の法律相談を実施しています。

横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る