夫婦財産制ふうふざいさんせい

夫婦が、共同して婚姻生活を営む中では、婚姻関係特有の財産関係が生じます。婚姻生活を送る中で購入した自動車や不動産、日用品など、いわゆる「夫婦の財産」が誰のものになるのか等について定めたのが、夫婦財産制です。

日本では、原則として、夫婦は、それぞれ自分の財産を所有することができるものとされています(夫婦別産制)(民法762条1項)。他方で、夫婦どちらのものか明らかでない財産は、共有財産と推定されることになっています(同条2項)。
また、生活費については婚姻費用の分担義務があり(民法760条)、日常家事に関して生じた債務については、夫婦で連帯責任を負うものとされています(民法761条)。
もっとも、上記の法定財産制と異なる内容を、夫婦間の合意によって定めることもできます(民法755条)。これを夫婦財産契約と言います。夫婦財産契約は、婚姻の届出前に締結し、登記をしておく必要があります(民法756条)。しかしながら、この夫婦財産契約は、日本ではほとんど利用されていないようです。

詳しくは、弁護士にご相談下さい。横浜綜合法律事務所では、随時、弁護士による無料の法律相談を実施しています。

横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る