よくあるご相談(Q&A)よくあるごそうだん

離婚したら婚姻費用は払ってもらえないのでしょうか?

はい。婚姻費用の分担は、婚姻関係があることが前提です。離婚後には、婚姻費用の分担はありません。もっとも、子供がいる場合には、養育費の支払いという形で、定期的な給付は続くことになります。

夫の借金を妻が払う必要があるのでしょうか?

ありません。夫と妻は別人格であり、財産も別ですので、負債についても別になります。但し、日常家事に関して生じた債務については、夫婦で連帯責任を負うものとされています(民法761条)。食料品や光熱費の支払いなどがこれにあたります。

従兄妹同士って結婚できるの?

できます。民法は、直系血族又は3親等内の傍系血族と婚姻を禁止していますが、従兄妹は、傍系血族の4親等になります。

結婚したら夫婦は同じ姓にならなきゃいけないの?

はい。夫婦は、婚姻したときに、夫または妻の氏を称することを定めることになります(民法750条)。夫婦別姓を認める制度も検討はされていますが、まだ実現はしていません。
夫婦が別々の姓を使用するためには、本名とは別に、通称として旧姓を使用するか、入籍せずに事実婚(内縁関係)とするしかありません。

横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る