TOP > 取扱い業務 > 夫婦・離婚・男女問題 > 離婚のご相談 > 離婚の無効・取消し

離婚の無効・取消しりこんのむこう・とりけし

詐欺や強迫によって離婚してしまった場合、家庭裁判所に離婚の取り消しを請求することができます(民法764条・747条1項)。
配偶者の暴力的な言動に威圧されて、離婚届に署名・押印してしまったような場合がこれにあたります。詐欺や強迫は、配偶者に限らず、第三者によってなされたものも含まれます。
また、そもそも離婚の意思自体が存在しなかった場合は、離婚の無効確認を家庭裁判所に訴えることができます。本人の知らぬ間に離婚届の署名押印が偽造され、市町村役所に提出されてしまったような場合です。

なお、離婚の取り消しの訴えも、無効確認の訴えも、まずは家庭裁判所での調停を行うのが原則となっています。
詳しくは、弁護士にご相談下さい。横浜綜合法律事務所では、随時、弁護士による無料の法律相談を実施しています。

横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る