TOP > 取扱い業務 > 夫婦・離婚・男女問題 > DV(家庭内暴力)被害のご相談

DV(家庭内暴力)被害のご相談DV(かていないぼうりょく)ひがいのごそうだん

DVとは、ドメスティックバイオレンス(家庭内暴力)のことです。「家庭内」という言葉が使われることが多いですが、内縁関係や、恋人同士の間での暴力もDVの中に含まれることがあります。また、「暴力」という言葉が使われることが多いですが、性的な虐待や、精神的な虐待行為もDVに含まれることがあります。
まず、理解して頂きたいのは、家庭内だろうと家庭内だろうと、一方的な暴力や虐待行為は違法であるという点です。人に対して暴力を振るうことは許されません。人を殴って怪我をさせれば、傷害罪という犯罪になります。
そして、DVにおいては、被害者の方が被害を表に出さずに、悩みを抱え込んだまま、精神的にも肉体的にも深刻な状態に陥ってしまうことがよくあります。
しかし、DVの被害を受けられている方を保護する制度はいくつもあります。裁判所に対して、いわゆるDV防止法に基づく保護命令の申立をしたり、DV被害者を保護するためのシェルターに避難することもできます。

また、弁護士を利用すれば、相手方と直接顔を会わせることなく離婚等の手続を進めることも可能です。裁判所等でも、被害者の現住所等を相手方に知られることのないような措置を採ることができます。

配偶者や近親者からのDVでお悩みの方は、是非、弁護士にご相談下さい。横浜綜合法律事務所では、随時、弁護士による無料の法律相談を実施しています。

横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ

DV(家庭内暴力)被害のご相談のコンテンツ

  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る