TOP > 取扱い業務 > 知的財産 > 著作権について > 著作者人格権について

著作者人格権についてちょさくしゃじんかくけんについて

著作者人格権とは

著作者人格権とは、著作者がその著作物に対して有する人格的利益の保護を目的とする権利の総称で、具体的には、以下のとおりの権利を含みます。なお、著作者人格権は、一身専属的な権利であり、著作権とは異なり譲渡することはできないとされています(法59条)。

  1. 公表権(法18条)その著作物でまだ公表されていないものを公衆に提供し、または提示する権利になります。
  2. 氏名表示権(法19条)著作物の利用に際して、著作者名を表示するか否か、表示するとした場合には、どのような名称とするかを決定する権利になります。
  3. 同一性保持権(法20条)著作物やその題号の変更、削除、その他の改変を意に反して受けない権利になります。
横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • 横浜綜合法律事務所へのお問い合わせ
  • お客様からの声
  • 弁護士コラム
  • 研究会・セミナー
取扱い業務
  • 企業法務
  • 遺言・相続
  • 不動産・借地借家
  • 交通事故
  • 労働問題
  • 医療過誤
  • 夫婦・離婚・男女問題
  • 法人の債務整理
  • 個人の債務整理
  • 刑事事件
  • 成年後見・財産管理
  • 知的財産
  • 債権回収・強制執行
  • 顧問契約
  • その他
ページTOPへ戻る